G-SHOCKの調整する際に

G-SHOCKの調整する際に

「0は、それを調整して呼ばれる仕事です」
そして、はっきりとそれを保って、2、3の徴候のための修正を実行します。
それは、この0が非常に「裏蓋を開けて、それをリセットした後に
時計の内部の活動によってそれを実行するもの」にあるという要請で
それを調整する際に誤解しました。

「裏蓋を開ける必要が、ありません」それを調整することで。」
押しボタンだけで「整列させる0 =針の隙間修正」に匹敵することができます。
そして、時計が動くけれどもクロノ針が押しボタンで働かないならば
それはトラブルです。
その場合、修理が不可能であるので、メーカーにそれを送ってください。
時計は、動きません。言い換えると、「バッテリーが尽きている国で
0を整列させることができないでください」。これはバッテリー交換を
必要とします、しかし、バッテリー交換はここで可能です。

押しボタンで0を整列させることができないとき
それはメーカー修理だけになります。
おそらくそれが必要とされるOHになるので、およそ50,000円に関しては
それはメーカーでタグ・ホイヤーをしますか?
「0は、以下の通りにそれを調整する方法をリストします」。」

手短に言うと、ムシャリンドウ・ガーゴイルの1歩引いて
AまたはBのボタンを押す(カレンダー修正にあります)ならば
何本かの針が動くので、それを知っています。

copyright(C)ワックワク腕時計集